痛み止めステロイド注射で肩こり解消できるのか?

 

ステロイド注射が肩こりに効く?プラセンタ注射との違いや副作用は?

ステロイド注射で五十肩が良くなるって本当?その効果やデメリットについて検証します。


ステロイド注射は痛みの緩和に最適。五十肩などのひどい痛みにも効果


ステロイド注射で肩こりの改善は望めるか?

ステロイドは副腎皮質ホルモンとの一種です。主に抗炎症作用や免疫調整作用があります。
ステロイド剤というのは、副腎皮質ホルモンを加工したり人工合成した治療薬です。
アトピーなどの皮膚炎の塗り薬で効いたことがある方も多いと思いますが、内服薬や注射、貼り薬、吸入薬、花粉症を抑える注射としても利用されています。
 
このうち、ステロイド注射はテニス肘や五十肩、腱鞘炎などの症状を緩和するために整形外科などで、特に強い痛みがある場合に利用されています。
 

ステロイド注射は、炎症を抑えて痛みを和らげてくれます。

ただし効果には個人差もあり、必ず全ての方に効果が出るわけではないようですが、一般的に痛み止め効果としては高く評価されているものです。
 

ステロイド注射の副作用はある?

よく、アトピーの塗り薬を長期で使用すると肺炎を引き起こしてしまうなどと言ったことも効くのですが、実際、ステロイド注射は効果が強い反面、副作用も強いのでしょか?
実は、痛み止めの為のステロイド注射は体に負担がかかるため、使用量に細かい規定が定められています。

実際にどういった副作用なのか?

ステロイド注射の副作用は関節内部の組織や骨をもろくしてしまいます。
そこで、もし心配な場合はステロイド注射による治療は避け、他の注射で治療した方が良い場合もあります。
ごく短期間の使用であれば、あまり副作用の心配はいりませんので、どうしても痛みがるときにだけピンポイントで使用するのが望ましいでしょう。
 

五十肩の痛み止め注射といえばキシロカインという注射もあります。

キシロカインというのは痛み止めで、麻酔注射です。
キシロカインを打つと、夜も眠れない痛みが減ったという声も聞きますが、こちらも効果に個人差があります。10の痛みが6、7くらいにまで軽減されると感じる人が多いようです。
 

キシロカインの効果の持続期間は?

効果が持続するのは比較的最初のうちだけで、1週間ほどで効かないと訴える方も。また、昼打っても夜寝るころになるとすでに痛みが戻ってしまうという人もいます。
 

まとめ 

五十肩の痛みの治療で使用する注射と言うとステロイド注射とヒアルロン酸注射、キシロカインが有名です。
 

ステロイド注射は炎症を鎮めるための注射、
ヒアルロン酸注射は関節を動かしやすくする注射、
キシロカインは麻酔で痛みを和らげる注射です。

 
しかし、共通して言えるのは、どれも効果に個人差があったり、痛みがぶり返したり、効果が長続きしないというデメリットがあります。 
また、注射自体が太くて痛いということで倦厭している方も。
 

そこで、おすすめしたいのが「肩こりボトックス注射」です。

▶肩こりボトックス注射とは

どんな肩こりにもおすすめしたいのが「肩こりボトックス注射」です。

▶肩こりボトックスが安いクリニック
10分ほどの治療で効果が大きい、1回目から効果が出ると話題です。一度受けてみてはいかがでしょうか。

肩こりボトックスより手軽に肩こり治療がしたいなら「コリピタ」をおすすめします。
当サイト人気No.1の肩こり注射「コリピタ」は、医療技術に基づき肩の痛みへダイレクトに有効成分を届ける施術です。今まで灸やマッサージ、痛み止め薬を使っても一向に良くならない肩こりや首コリ、慢性的な五十肩でお悩みの方にも一度は体感してもらいたい最新の治療法です。
今なら初回限定4ヶ所無料18,800円が無料で受けられるので、試してみたい方は早めに予約してみてくださいね!