肩こりが改善するプラセンタ注射は五十肩に効果?間隔は?

 

プラセンタ注射は美容のほかにも肩こり改善効果も期待?メリットや注射の頻度は?

コラーゲン再生と保湿成分を高めるためや、肌荒れにも効果を発揮するプラセンタは肩の痛みの改善にも効果あり?そのメリットについてご紹介します。


プラセンタ注射は3つの作用が方や肩や首の辛い症状を緩和してくれる


プラセンタ療法とは何?

プラセンタとは日本語に訳すと胎盤です。プラセンタに含まれる必須アミノ酸や蛋白質、ミネラルやビタミン等などの豊富な成長成分が弱った細胞を元気にし、病気や怪我からの回復、細胞組織を修復する役割を持っています。
プラセンタには免疫力向上、血行を良くしたり、代謝促進、自律神経を改善する作用もあるのです。
なかでも疲労回復には即効性があると言われており、コラーゲン再生と保湿効果を高める効果を発揮するため、肌の若々しさをためつ為に良きサポートをしてくれる頼もしい存在です。
そんなプラセンタは肩こりや関節痛などにも効果があると、整形外科などでは「プラセンタ注射」として取り扱いがあります。
痛みを和らげたり、やる気アップにつながったり、体質改善、老化防止など嬉しい作用があり人気です。
 

プラセンタ3つの作用が肩こりを改善

 

①血流を良くする

血行が悪いと、乳酸などの老廃物が溜まることで肩がこわばり、肩や首筋などが緊張しやすくなります。プラセンタ注射により血流が改善、血行を良くし、コリを緩和します。
 

②自律神経のバランスを整える

ストレスからくる肩こりにも効果があります。
 

③炎症を抑える

慢性化した痛みに効果がります。炎症を鎮めてくれます。
 

プラセンタは、肩こりにも効果があります。

「血行不良」や「冷え症」、ストレスからくる肩こり、同じ姿勢でいたことによる肩こり、運動不足からくる肩こり、眼精疲労による肩こりなど、あらゆる原因に対してプラセンタ注射は、肩こりの改善効果を発揮してくれます。
もちろん生活を見直すことが前提条件ですが、そこにプラセンタを取り入れることでより効果的に肩こりを改善できるというメリットがあります。
 

鎮静剤に頼らないでも良くなった。

鎮痛剤を内服し続けるのはちょっと心配な方、薬を飲むと胃が痛くなる方、薬が体に合わない方にとっても効果的な治療法の一つです。
 

何処で打ってもらえるの?

整形外科クリニックやペインクリニックや一般内科などでも取り扱いがあります。
肩こりのためのプラセンタ注射は、ツボ打ち注射が一般的です。肩こりのツボへ注射を打つことで程よい刺激と、プラセンタによる成分の効果の2つの相乗効果から肩こりの痛みを効率よく緩和させていくと言う療法です。
 

プラセンタ注射の料金は?

プラセンタ注射1本大体1000円くらい
(肩こりや腰痛、美容目的のプラセンタ注射には保険は適用されません)安いところでは500円でも打ってくれるクリニックがあります。
 

プラセンタ注射の頻度、間隔について知りたい

(40代女性の体験談)
肩こり頭痛吐き気で内科を受診した際に、プラセンタ注射をおすすめされて以来、2週間に1回プラセンタ注射をしてかれこれ半年がたちます。打った後に効いた!と驚く効果は今まで一度も得られませんでしたが、続けるべきでしょうか?
プラセンタ注射を3日おきや1週間おきに打ったほうが効果が出るのでしょうか?
 
(50代女性の体験談)
ひどい疲労でプラセンタ注射を打ってもらい、かなり回復しました。1回目からでも効果抜群でした。ただし、1週間もすれば効果が切れてくるのを実感しています。3Aを2100円で打ってますが、効果はありますよ。
 

まとめ

プラセンタ注射を打って効果が得られたと実感されている方は多いようです。しかし、効果持続の観点から見るといくら一回の注射の値段が安くても、手間とコストがかかってしまいます。
もし、プラセンタ注射でも効果があまり感じられなかったあるいは、通院が面倒だという方は、「通院は半年に1度ほど、効果が長続きするボトックス注射」への切り替えを提案します。
▶肩こりボトックス注射とは

どんな肩こりにもおすすめしたいのが「肩こりボトックス注射」です。

▶肩こりボトックスが安いクリニック
10分ほどの治療で効果が大きい、1回目から効果が出ると話題です。一度受けてみてはいかがでしょうか。

肩こりボトックス注射の他に、もっと気軽に受けられる肩こり注射「コリピタ」も人気です。
こちらは注射後の満足度99%と非常に評価が高く、最新の医学に基づいた有効成分がダイレクトに患部に届くので、マッサージを受けるよりもより効果的に肩こり解消が可能です。