肩こりボトックス注射の効果と持続期間や安全性について知りたい

ひどい肩こりの治療はご検討ください

マッサージしても薬を飲んでも治らない、頑固な肩こりについて耳よりな情報があります。 
私自身、肩こりがひどくなると吐き気、頭痛、便秘、下痢や全身の寒気などあらゆる不調が起こってしまうこともあります。一瞬で肩こりが治る方法があればいいのにといつも思っていました。 
最近ネットで調べたら、今まで知らなかった「肩こりボトックス注射」というものがあることをありました。
みなさんはご存知でしょうか?


1.肩こりボトックスとは?
2.ボトックスの安全性
3.肩こりボトックス注射の相場
4.治療後の副作用
5.受けてはいけない方


1.肩こりボトックスとは?

ボトックスといえば、美容整形において顔のしわを消したり、エラの張りをなくして小顔に見せたり、脇の汗を抑えたりする治療については知っていましたが、筋肉をほぐす役割があるので肩こりにも効果があるそうです。
 
肩こり注射でいうと、最近よく耳にするのが「トリガーポイント注射」や「神経ブロック注射」です。ペインクリニック等の医療機関で、首・肩こりの治療として用いられているものです
筋肉や筋膜に局所麻酔薬を注入します。保険適用なので1回1,000円くらいから受けられることや即効性がメリットですが、効果が5,6時間で半減していしまいます。効果は最大でも1,2日くらいのことが多いというデメリットがあります。
せっかくの効果が数時間後に切れたり、週に1回は治療を受けているという口コミなどから、持続性のなさに難点があります。
その点、ボトックス注射は1回の治療で半年から長くて1年の効果があるということです。何度も通院したり、結局すぐにまた肩の痛みが出てしまったりを考えると効果が少しでも持続してくれる注射のほうがいいですよね。
そんな肩こりボトックス注射の値段は、保険が効かないので仕方ないのですがネットで調べたところ形成外科だと1回5万円くらいとけっこうお高いのがデメリットです。
最大のメリットは、半年ごとに数回の注射で筋肉が徐々にほぐれてくることで半永久的に肩こりが治ると言われています。

2.ボトックスの安全性 

ボトックスとは、ボツリヌストキシンのことです。「ボトックス治療」と言っても、使用される製剤メーカーによって、料金に違いがあります。
美容医療の現場では長年、しわ治療、小顔治療、美肌治療などに使用されてきました。
安全性についても、医療目的ではごく微量を用いることから、用量設定を誤らない限りにおいては安全な薬剤と言えます。
 

ボトックスの種類

ボトックス(アラガン社)

アメリカの大手製薬会社アラガン社の薬剤です。 
ボトックス注射では世界NO.1シェアを誇り、多くの人に利用されています。
FDA(アメリカの厚生労働省に当たる機関)認可済み。
30年以上の臨床データが豊富で、60か国以上で使用されている効果や安全に関する信頼性も高い製品です。
 
※ボトックスはそもそもアラガン社の商標登録商品ですので、他メーカーがボツリヌストキシンに「ボトックス」の名前は使ってはいけませんが、ボトックスのジェネリックであるボツリヌストキシン製薬を使った製品についても「ボトックス注射(治療)」としてわかりやすく表記しているクリニックもあります。
 
ボトックスビスタ(アラガン社)
日本でシワ治療の用途で厚生労働省の承認を取得している唯一の薬剤です。(FDA認可)
日本の美容整形分野では、ボトックスよりもボトックスビスタが利用されることが多いです。効果や安全性についてはボトックスと変わりません。
アラガン社製のボトックスは不純物が少なく、抗体ができにくい為、繰り返し使っても効果が下がりにくいことがメリットです。
他のボトックス製剤と比べて値段の高いことがデメリットです。
1部位:20,000円~50,000円程度。
 

ボツリヌストキシン製剤

ボトックス以外にもボツリヌストキシン薬剤があります。メリットは値段が安く受けられますが、効果の出方が製品によって若干異なっています。

  • Dysport(ディスポート)
  • Regenox(リジェノックス)
  • Neuronox(ニューロックス)
  • ゼオミン

 

Regenox(リジェノックス)

韓国のヒューゲル社が開発したボツリヌストキシン製剤です。
KFDA(韓国の食品医薬品安全庁)の認可済み。
40か国以上のクリニックで取り扱われており、安くても純度が高いことが人気の理由です。
各部位:4,000~20,000円程度。
 

Neuronox(ニューロックス)

韓国のメディトックス社のボツリヌストキシン製剤です。
KFDA(韓国の食品医薬品安全庁)の認可済み。
リジェノックスと同じく値段が安いことで知られています。

3.肩こりボトックス注射の相場

某クリニックの肩ボトックス

〈施術料金〉 6万~10万円
 
〈施術時間〉 約5~10分
 
〈効果持続 目安期間〉約3ヶ月~半年
 
〈使用しているBOTOX製剤〉「ボトックス VISTA」
 
全国のクリニックの平均では1回につき5万円以上、高いと15万円くらいかかります。
まだそんなに一般的に施術を行っているクリニックが少ないことから、値段も比較的下がりにくいと言えます。
そんな中、品川美容外科のプチ肩こり治療は14,660円からで受けられるのでおすすめです。全国に店舗数も多いので一度検討してみてもいいかもしれません。
 

 

コスパと実績No.1!1万円台~。処置時間5分~10分で肩こりを解消。メスを使わず安心。
 
 

ボトックスは打ちたくないという方はこちらがおすすめ!

品川美容外科の新しい肩こり治療注射「コリピタ」
痛みや組織の修復を促す有効成分が患部に届くと5分後にはすでに効果実感される方も効果実感が高いと話題です。
ボトックスよりも副作用が少なく良心価格な点も魅力的で、初めての方に支持されています。
 

4.治療後の副作用

一番多いのは、ボトックス注射の後に内出血が起こることです。
ボトックス注射のリスクとしては内出血以外には重大なものはまず心配はありません。
内出血は基本的には軽くて1週間ほど、長くても2週間くらい経てば治ります。
  
ボトックス注射を受けた日は、できるだけ血行を良くしないよう安静にしましょう。
施術当日はお酒は多量に飲まない、激しい運動を控える、熱い風呂への長時間の入浴、サウナなどは控えたほうが良いでしょう。

5.受けてはいけない方

妊娠中や授乳中は受けられません。
ALS(筋萎縮性側索硬化症)や重症筋無力症、運動ニューロンの異常がある方も治療はできません。
処置前・処置後3か月は他部位を含むボトックス治療が受けられませんのでご注意ください。