吐き気と肩こりの関係性は?原因はこの3つだった⁉

 

肩こりから来る吐き気の原因は○○のせいだった⁉

、肩こりがひどくなると、吐き気やむかつきが起こるという方。辛い症状で「なんとかしたい」モノですよね。今回は吐き気などの胃腸の調子が肩こりとどう関係しているのか、なりやすい人の特徴、受診すべき病院や解消法についてご紹介します。

1.肩こりと吐き気の関係とは?
2.肩こりで吐き気を伴いやすい人の特徴
3.重度の肩こりは何科を受診すればいい?
4.まとめ


1.吐き気と肩こりの関係は?


肩こりが悪化してくるといつも吐き気やむかつきも出て、本当につらい。肩こりからくる吐き気を何とかしたい、そう思っているかたは結構多いようです。こちらでは肩こりと吐き気の関係、原因と対策をご紹介します。
 

肩こりで吐き気やむかつきの胃の不調があるのはなぜ?

肩こりで吐き気が出る方で頭痛も伴っている方、思い当たる方はいませんか??実は肩こりから来る吐き気も頭痛も体のメカニズムが原因だったのです。
 

(1)  血行不良

寒さや運動不足、過度の緊張、ストレスなどで体の血行が悪くなると、老廃物が滞りがちになります。結果、全身の血の巡りが悪くなり、肩こりだけでなく内臓の働きまで低下することで吐き気やむかつきも起こってしまうのです。
 

(2)  脳の働き

血行不良になると、老廃物の循環だけでなく、脳への栄養が届きにくくなる恐れも。その結果めまいや吐き気などが起こります。胃の調子は悪くない、何でも食べられる。なのに、吐き気がしたり、気持ち悪い、その場合は自律神経の乱れが原因かもしれません。
 

(3)疲労

吐き気と肩こりが同時の場合、肩こりからくる吐き気だと思いがちですが、肩こりも吐き気も「疲労」が原因の場合もあります。
そんな場合は、リラックスして疲れを取ってあげることが二つの症状にとって最適と言えます。


2.肩こりから吐き気になりやすい人の特徴は?



血行不良や自律神経の乱れが出やすい人

冷暖房が効きすぎた環境に長くいる。
姿勢が悪い。
運動不足。
女性の場合、生理前。
ストレスが多い。
乗り物酔いになりやすい。
更年期障害。


3.重度の肩こりは何科を受診すべき?


受診する外来は多数あります。 内科、整形外科、心療内科、肩こり外来、婦人科など。
治療法は病院によってそれぞれで、外用薬と内服薬で様子を見る場合もあります。できれば、肩こり専門外来などでピンポイント治療を受けたい、テレビで紹介された名医のいる病院で受診したい、そう思う方は多く、実際は予約がいっぱいで何カ月も待つことも...
 

肩こり治療、待たずにすぐ治療してくれるところは?

肩こりに悩んで、挙句の果てにマッサージ代だけでも毎月馬鹿にならない程だった方が、一発で肩こり知らずになったという「最新の肩こり治療」に着目してみましょう。
「頭痛を伴う肩こり」「吐き気を催す重度の肩こり」がみられる場合は注射による肩こり治療をおすすめします。1回10分の治療で半年効果が持続します。嘘だと思う方も一度無料カウンセリングを試してみてはいかがでしょうか?
▶肩こり注射で重度の肩こりを緩和!病院ランキング


4.まとめ


肩こりで吐き気が辛い時の対処法 

寒くなると、血行が悪くなるのは体だけでなく胃腸も同じです。胃腸の冷えも肩の冷えもゆっくり休んで温かくすることが一番です。風呂にゆっくり入り体を芯から温めてください。

体を温める為にしょうが入り紅茶にはちみつを入れる飲み方は朝起きたときに試してみると、目覚めにも良いでしょう。
もし、生活の改善でも効果が現れないなどの場合は「肩こり注射」で一気に解消してしまうのも手です。
肩こり注射が安くて手軽に受けられる新メニューコリピタなら、1回の注射で1~2ヶ月は効果が持続して快適に過ごせますよ。

注入箇所 コリピタの料金
1ヶ所 4,900円
2ヶ所 9,900円
3ヶ所 14,400円
4ヶ所(初回限定無料!) 18,800円
5ヶ所以降(1ヶ所ごと) +4,700円

※表示価格はカウンセリング、診察代、施術代、アフターケアのすべてを含めた金額となります※全て税抜価格表示

➡2ヶ所で1万円以内はかなりお得な値段です!今なら初回限定4ヶ所(18,800円)が無料

 

品川の一押し新メニュー「コリピタ」

 

 
しかし、効果持続期間を考えると「肩こりボトックス注射」効果は数カ月~半年。「コリピタ」効果は1~2ヶ月。となっておりやはり長い目で見るとボトックス注射の有効性が少し上をいくのではと思います。 
肩こりや四十肩、五十肩を根本から解決するには「肩こりボトックス注射」か「コリピタ」どちらもおすすめです。迷っている方はまずは無料カウンセリングを受けてみて、先生に相談しながら決めてみると良いですよ。
とっておきの治療法「肩こりボトックス注射」をまだ知らないようでしたら、▶肩こりボトックスの効果と持続は?をご覧ください。