肩こりボトックス注射の料金比較をしてみた

 

肩こりボトックス注射は保険適用外の施術なので病院やクリニックによって値段が違います。そこで、値段が安くて口コミの総評も高いおすすめのクリニックはどこなのか?料金表で比べてみました。

  品川美容外科 湘南メディカル記念病院
西新宿整形外科クリニック
高須クリニック
施術名 プチ肩こり治療 肩こりボトックス治療 美人肩ボトックス注射
種類 ボツリヌスorアラガン アラガン ボツリヌストキシン
金額
ボツリヌス
片側1回(通常)
18,330円

片側1回(会員)
14,660円

両肩1回(通常)
36,660円

両肩1回(会員)
29,320円

アラガン社ボトックス
片側1回(通常)
33,240円

片側1回(会員)
26,590円

両肩1回(通常)
41,380円

両肩1回(会員)
33,100円

(すべて税抜)
通常
1箇所¥29,600(税込)
モニター
1箇所¥19,600(税込)
¥150,000(税抜)
施術院   両国院・西新宿院 名古屋院・大阪院
おすすめ度 ★★★ ★★

肩こりボトックスを受ける場合、片方の肩だけ注射を打つという場合はあまりないでしょう。大方の人は、両方の方に打ってコリをとりたいと思ってらっしゃいます。

両方の肩に打っていくらになるのか?トータルの料金が明確でないとわかりづらく治療を躊躇してしまいますよね。
そんな方には「品川美容外科」のプチ肩こり治療は料金が一番わかりやすくておすすめです。


品川美容外科なら両肩にボトックス注射を打った場合、アラガン社のボトックスでも約3万円、ボツリヌスアラガンの場合は、2万円台と安い費用で受けられるのがメリットです。
 

※一部施術で別途麻酔代がかかる場合があります。
表面麻酔(リドカインクリーム)/リラックス麻酔/ペンレスシート1回 各¥2,770
■針代:マイクロカニューレ鈍針(注入治療用特別針)¥4,620
32G針(注入治療用極細針)¥3,240
34G針(注入治療用超極細針)¥5,520
34G針(注入治療用超極細針)+表面麻酔(リドカインクリーム)¥6,940

 
湘南美容外科の場合は1箇所あたりの表記ですので、実際に通院してみてカウンセリング時に、医師によりコリの範囲や状況を確認したうえで何か所お願いするか決めるケースが多いようです。
両肩に1か所ずつだと4万円弱になります。
 
一方、高須クリニックの美人肩ボトックス、肩こりボトックスの場合は一律15万円となっており、何か所や何ccの表記がありません。これは、通院して問診後、医師が十分と思われる量のボトックスを判断し注射するということです。
ひどい肩こりの肩や15万円払って、くまなく注射を受けたい方にはいいかもしれません。ただ、他と比べてとびぬけて高い点と、本当に15万円の価値があるのかは受けてみないとわかりません。
 
もし、お試しでボトックス肩こり治療「肩ボト」に興味がおありの方なら値段で選んで間違いはないはずです。その点、「品川美容外科」が断然おススメです。 
1回の治療で損しないためにもクリニック選びには慎重になりましょう。


気になる肩こりボトックスQ&A

▶肩こりボトックスで肩をほっそりさせる効果はありますか? 

肩のハリが強く、見た目にも肩のもっこりした形も解消できます。 肩こり解消 + 肩をほっそりさせる効果が得られるということでいま人気の施術です。
   

▶肩こりボトックスがしたいです。 東京都内で肩こりボトックスを行っている病院やクリニックを教えてください。

都内のおすすめは「品川美容外科」の各院や「湘南美容外科」の両国院、西新宿院になります。 
 

▶首・肩こりボトックス(ボツリヌス)注射の効果について教えて下さい。

スマホやパソコン作業のためストレートネックで首・肩こりが酷かったYさん。マッサージ・鍼灸・整体等いろいろなところに通いましたが改善せず悩んでいました。肩こりボトックスで来院する方の多くはYさんのように、あらゆる手立ても効果がなかった場合の最終兵器です。凝り固まっていた筋肉がほぐされたことにより、注射後から徐々に肩のハリに変化がありました。
3か月経過後も、マッサージに通院することもないことに改めて驚かれていました。

   

▶肩こりのボトックス注射された事ある方に質問です。クリニックでの料金はいくらくらいかかりましたか? 

保険が効かないので治療費は3万円(両肩1回)でした。都内のクリニックでの料金です。
一般的なトリガーポイント注射とは値段も格段に違いますが、効果の持続も十分で値段以上の価値を感じました。
 

▶肩凝りがひどいです。「トリガーポイント注射」と「肩こりボトックス注射」の違いがわかりません。

トリガーポイント注射とは筋肉の痛む部分に注射をして血行を改善する治療法です。保険が効くので1,000円ほどで受けられますが、一時的な効果なので人によっては週に何回も通う方もいます。
一方、肩こりボトックス注射はボツリヌス菌により筋肉の動きを制御することで肩こりの痛み自体を感じなくする注射なので痛み自体に非常に効果が期待できます。保険が効かないためクリニックによっては1万円から15万円と差がありますのでクリニック選びには慎重になりましょう。効果の持続は数カ月から半年。半年ごとのサイクルで打てば、半永久的な効果が保てる施術です。
 

▶頭痛を催す肩こりと歯ぎしり防止のため、ボトックスを肩に打ちました。腕がだるい感じが続きます。

個人差はありますが、だるさは徐々に引いていき2週間ほどで効果が出てくる頃には収まることが多いようです。
 

▶慢性の肩こり、偏頭痛に悩んでいます。 肩のところだけ筋肉も盛りあがっています。どうやったら取れるのでしょうか?

肩こりボトックスは、肩こり首こりの解消と見た目にも肩のラインがなだらかにすっきりする効果があります。ボトックスを扱うことに慣れた熟練の医師、施術件数の多いクリニックで受けることで、デザインも相談できるのでおすすめです。
 

▶1回5000円くらいで肩こりボトックスを打ちたいです。

都内だと湘南美容外科グループの西新宿整形外科クリニック、湘南メディカル記念病院で1箇所1万円台です。
 

▶神経ブロック療法のデメリット、肩こりボトックスのメリットは?

「整形外科で神経ブロック注射を施術していただいているのですが、施術後数時間もするともう効き目がなくなり、また肩が痛くて辛いです。」という方も結構いらっしゃいます。神経ブロック注射は個人差があり、効き目の効果持続が極端に短く、注射を打ったメリットを感じられない方も中にはいます。そんな方には肩こりボトックスをおすすめします。肩こりボトックスのメリットは何といっても効果が持続すること。数カ月から半年間は肩こり知らずで過ごせます。
   

▶肩と首の痛み、後頭部痛、首のハリに悩んでいます。

「整形外科ではレントゲンをとってもらいましたが、異常なし。ただの肩こり、肩や首の筋力低下とのこと。」そう言われた方も多数、肩こりボトックスでは効果を感じていらっしゃいます。5かけの法則と言って、肩こりボトックスは繰り返し打つごとに効果が蓄積され、5回も打てば、半永久的な効果持続が見込めます。
 

▶肩や腕の筋肉が硬く、ムキムキでがっしり体系。首も太いのが悩みです。肩こりも学生のときから慢性的にあります。

肩こりボトックスで早くて2,3日で効果が実感できます。硬い筋肉に効果が出やすい施術ですのでおすすめできます。
 

▶首筋の凝りが本当につらいです。2年も定期的に整形外科に通ってます。湿布や、入浴、マッサージ、肩こりに効くサプリ、全部だめです。

肩こりボトックス注射で解消できます。ボツリヌス菌による治療は世界的にも安全性は認められており、リスクは心配ありません。持続性など個人差はありますが、注射で治療するメリットとして最近はボトックス注射が慢性的な肩こりに非常に効果があると注目されています。自費ですが、探してみるとコスパの良いクリニックが見つかります。品川美容外科ではグループ院全国一律価格で受けられるのでおすすめです。
 

▶寝ている間や、集中している時、シャンプーをしている時など、無意識に歯を食い縛る癖があるせいで、肩や首のこりが酷く長年悩みの種です。

筋肉をほぐしてくれる意味ではトリガーポイント注射や神経ブロック注射が手頃です。血行が良くなることで一時的に楽になります。
半永久的に肩こりを解消したいのであれば肩ボトックスによる治療が効果的です。