私の肩こりボトックス体験ブログでわかったこと

 

 
 


 

肩こりと首太、いかり肩が悩みの30代女性の体験記。

30代後半Nさん

以前、韓国に旅行で行ったときに、韓国の美容外科メニューに首を細くするボトックスを見つけてから気になっていたところ、日本でも肩ボトックスを取り扱っている数少ないクリニックを発見。
韓国で受けるのはちょっと躊躇したけれど、日本でなら安心して任せられるということで、早速インターネットから予約をする。
 
※肩こりボトックスは僧帽筋や肩甲骨周りなどに点在するコリのトリガーポイントやハリのピンポイントにダイレクトに注射を打ってくれるというもの。
肩こりボトックスならコリとハリを同時に解消できて、内面からも外見もスッキリできる一石二鳥の施術です。
 
さて、予約時に気になることや聞いておきたいことを入力していました。
そんな問い合わせにもきちんと対応してくだるところが好感が持てます。メールの返信もすぐに返ってきました。
 

施術当日。

予約時間通りにクリニックで受付をしました。待合室にはちらほらと人がいました。
しばらくして診察室に呼ばれます。先生と対面し、簡単な問診を行います。親しみやすく丁寧な対応をしてくださる先生でしたので、緊張することなくカウンセリングも順調に終わりました。
背中に打つので一旦、専用の上着に着替えます。
 

着替え後。いよいよ注射です。

先生と背中のどこが凝っているか確認しながら少しずつ打っていきます。
私の場合はハリが酷くて、凝っている場所を見つけるのに苦労しましたが、何度も確認しながら根気よくポイントを探ってくれた先生はとても丁寧な方でした。
注射をすると痛みがズーンと来るとのことでしたが、あまり感じませんでした。凝りが酷過ぎて鈍くなっているのか?ともあれ良かったです。
 
打っていただいた箇所は首、肩、背中、合計10箇所ぐらいでした。料金はトータルで5万円弱。
凝りの状況によって、値段は違ってくるそうです。私の場合は結構凝っていたので高くついてしまいました。
施術自体はあっという間で10分もかかりませんでした。
当日は、激しい運動はやめてくださいね、と言われて帰りました。
帰宅後、打ってもらった箇所を鏡で見ましたが、内出血もなく肩の違和感もなかったです。
ボトックス注射の効果が効いてくるのは1週間後。効果が楽しみです!
 
 

肩こりボトックスを打ってみてわかったこと

病院選びについて

私の場合は、一発目でちゃんとしたクリニックに当たったので良かったのですが、中には対応が悪かったり施術が下手だったりする病院もあるそうです。
そんな時、いい病院を見分けるためにお金をかけずに最初にやるべきことはひとつ。
「クリニックに直接メールで問い合わせてみる」ことです。
気になる場合はまずは、問い合わせか、無料カウンセリング(あれば)を受けてみると大体のことがわかります。
返事が全く返ってこないクリニックは論外。質問を濁して回答してくるクリニックも保留にしましょう。
素早く的確に回答してくれるクリニックは必ず見つかるので、肩こりボトックスを検討されている方は一度この方法を試してみてくださいね。

 

それでは1週間後の実感は?

1週間も待たずして効果が現れました。私の場合だいたい3日後から4日後くらい。凝っていた部分に手を当ててみても実感しました。肩のラインは見た目にはわかる位でないのですが、自分ではわかります。ストンの落ちたようにハリが引いているような感じです!
 

1か月後の変化は?

コンプレックスだった、いかり肩と太くて短い首に変化が。モリっとした肩がスッキリとしたせいで首が長く見えるように。背中痩せもできました!筋肉によって首が太く見えている場合はそれらが解消されるそうです。今のところキツイ肩こりもしていません。
 

半年たった頃には?

眼球の奥までうずくほど痛んでいた偏頭痛がこの半年おこっていないことに気づきました。頭痛薬が手放せたことと寝込むほどの肩こりから解放されて、1回の注射でこれだけの効果が得られるとは正直驚きました。
効果は半年ほどと言われていますので、そろそろ2回目を打ちに行きたいと思っています!おすすめです!肩こりボトックスやって良かった~


首から背中までガッチガッチの肩こり持ちの40代女性。

40代前半Sさん

風呂で温めても、エステやスパでマッサージを受けてもすぐにまた元通りの慢性的な肩こりの持ち主でした。温熱療法やマッサージ、一筋縄では改善できない強烈な肩こりを何とかしたいと思って見つけたのが「肩こりボトックス注射」でした。
鉄板のような肩が1本の注射で楽になるということで、半信半疑でしたが藁にも縋る思いで受けてみる決心をしました。
 

施術当日。

私が選んだのは都内にある美容クリニック。
お洒落なショップが立ち並ぶビルの中にありました。受付スタッフの方も笑顔で好感度大でした。
 

問診票記入。

まずは受付ロビーにて問診表に記入します。書き終わったら診察室に呼ばれました。
診察室では、先生がボトックス注射について説明が受けられます。ボトックスで肩こりが軽減される仕組みについてイラストや写真付きで細かく解説してくれました。気になっていた副作用の可能性についても聞いてみることに。先生いわく、ごく稀に腕を上げるのが億劫に感じる人もいるとのこと。あとは、注射により内出血が起こることがある、とのことでした。
 

その後は触診。

実際にどこに打てばよいか打ち合わせが始まります。服を着たまま背中を向けると、「ここですか?」と先生が指で背中を押していきます。先生の指が入らない程、パンパンに張っている私の肩なので、少し恥ずかしい気持ちになりましたが「大丈夫ですよ。スッキリと治りますよ。」と声をかけて頂き、緊張も解けてきました。
肩こりの度合いによって、注射の本数も変わってくるのですが、私の場合は通常のプラン(3万円)ではなく、倍の薬剤を打つプラン(5万円)のほうが良いでしょうということに。
当初、予想していた料金をオーバーしてしまいましたが、肩こりがすっきりするならと躊躇無く了承。
カウンセリングルームにて初診料と施術代、追加料金のお会計を済ませました。そしてついに、処置室へ。
 

施術。

上半身のみローブに着替え、先生に背中を向けます。
先生は、注射する箇所をマーキングしていきます。何cc注入するかによって何箇所まで打つか決まってきます。
ボトックスは頻繁に打つと抗体ができて効果が出にくくなる理由もあり、1度に打てる量は決まっています。肩以外の他の体の箇所も含めて3ヶ月は間隔を開ける必要があるそうです。
そんな話を聞きながら、先生は手慣れた様子で注射器数本分、ちくちくと注射してくれました。数か所注射するのですが、さほどの痛みはなくチクッとした感覚が強くなったり弱くなったりしながらあっという間に終わりました。
 

施術後。

家に帰ってから感じたこと。ボトックスを打った私の肩ですが、こんなにリラックスした肩には出会ったことがないくらいふにゃーんとしていました。肩の力が出ないとか、だるいというわけではなく真のリラックスです。マッサージ後でもこうはいきません。
 

施術4日後。

先生いわく、効果が出はじめるのは約1週間後くらいです。とのことでしたが私はもう4日目くらいからコリがなくなっていることに気づきました。
肩肋骨が浮き始めています!上半身が明らかに軽くなっている実感もしました。肩を回すのもクルクルと楽に回ることが驚きでした。この持続期間は3ヶ月から半年だそうです。効果が切れたらまた注射するという処置を繰り返していると、どんどん肩こりを感じない体になれるそうです!
 

1か月後。 

職業柄、パソコン操作が長時間にわたる毎日ですが、気づいてみたら注射した日以来一度も頭痛薬を飲んでいません!きちんと効果が出てます、肩こりボトックス注射。
ちょっと高いと思ったけれど、この快適さに変えられません。これからも絶対続けます。正直、1回でこんなに楽になるとは思いませんでした。
 

3か月後。

そろそろ効果が切れだすころかなと思っていましたがそうもなく、効果が続いています。美容室でも肩凝ってますねーと毎回言われていたのに、言われなくなりました。ただ、いつも通りの悪い癖で寝ながらスマホなどするとやはり少しは肩が痛くなります。当たり前ですけど、自覚も必要ですね。
ここで余談ですが、肩こりボトックス注射は肩こり解消とは別に美容効果もあります。
「背中痩せ」といいましょうか。後姿が太って見えるのは歳のせいだけでなく、脂肪や肩全体のハリやコリなどから来る血流不足でむくみがちなのが理由なのです。
肩コリで盛り上がっていた背中が、ボトックス注射により平らになり、肩甲骨がクッキリ浮いて来たのは、嬉しい誤算でした。すとんと肩が下がったせいで首がうんと細く長く見えることも。以前より首が短く見えていたのは、きっとこの肩こりが原因だったのかもです。
 

肩こりボトックス注射を受けてみて。

何をしてもどうしても治らない肩こりをお持ちの方は、きっとこの方法しかないと思います。肩こりのない日常を送れることが何とも言い難い快適さで目が覚める思いです。受けてみる価値は大いにあると思います。